君は空想になる!あるいは君は想念になる! - DIARY yuutu

(1)

心が壊れてしまった。一年中、いらいらしている。

(2)

沈黙しよう。君は石になる。

(3)

いやだいやだ。思い出すのはいやなことばかり。周りはいやな奴ばかり。希望はない。

(4)

つまらない君の自尊心。面倒くさい君の欲望。

(5)

君はイデアになりたい。この世でない世界に住みたい。肉体はいらない。きみは形も重さもなく見えない魂になる。君は空想になる。あるいは君は想念になる。

(6)

君は形あるものが嫌いだ。形ないものだけが、君をほっとさせる。面倒くさい肉体は嫌いだ。

(7)

君は習慣の束だ。受精卵として君の宇宙が始まって、君は繰り返される体験・経験の蓄積、つまり習慣の束として、君になった。何という偶然、同時に何という必然!全く、イヤだイヤだ。君は偶然なのに必然だ。困ったものだ。

(8)

君は消えてしまってもよかったのだ。ところが君において宇宙が現れることとなった。(偶然性)

(9)

ところが宇宙は、君の宇宙だ。君は絶対であり、誰も君になれない。(必然性)あーあ、全く面倒なことだ。総体としての宇宙(複数の宇宙の総体)はそのようにできているのだ。